奈良県の建設業許可・経審は奈良建設業許可申請室へ

建設業許可は建設業の経験豊富な行政書士へ


 人から話を聞いたり自分で調べたりすると何とか自分でも取得できそう・・・・・

 そう感じて安く上げるために自分でがんばってみた建設業許可ですが、「なかなか大変だったんで、結局専門家に依頼しました。」となってしまう方も多いようです。


 実は要件のみを見れば「大丈夫!!許可要件を満たしている」と思っていても、実際に申請をしてみると申請書類が集められず許可申請に至らないケースが多いのが、建設業許可の特徴なのです。


 また、何とか取得したが毎年の報告や更新時期を忘れてしまい許可が失効したり、要件を満たすために一時的に雇用した人が退社してしまい許可の廃止をせざるを得ないといったように、許可の維持が出来ない危険性もあります。

 その上、奈良県でもそうですが、年々要件を満たす事を証明する書類の提出が厳しくなってきておりますので、建設業許可取得が年々厳しくなってきていると言えます。
 数年前までは「この書類で許可が取れていたのに・・・・」と思っても、現在は取得できない可能性もあり注意が必要です。


 もう1点注意しなければいけないのは、建設業許可取得後のことです。
 取得時はこれで良いと思っていたことが、後に「公共工事の受注がしたい」、「業種の追加がしたい」といった新たな事業展開の際に、申請内容がネックになり希望通りに事が運ばないケースが発生したり、最悪の場合、申請した従業員や取締役の入れ替え、退任などにより苦労して取得した許可を失うケースが発生する事もあるのです。

 このようなケースも元をただせば、新規許可申請時に何気なく行った申請で発生する事が実際にあるのです。
 もちろんいくら先を見越しても防げない場合もありますが、許可申請時に少し注意するだけで防げる場合もあるでしょう。


 そんな時に頼りになるのが建設業許可について経験豊富な行政書士です。

 当事務所では経験豊富な担当行政書士がお客様の事業の将来像などをじっくりお聞きして、お客様にとって最善の方法で許可取得が出来るよう、しっかりバックアップいたします。


  建設業許可取得と1口に言っても、取得希望の方の状況によって対応策はさまざまです。 当事務所では依頼される方のご希望やお話をじっくりお聞きした上で、現状などさまざまなケースに対応して最適な手段での建設業許可取得への道を提案いたします。
 つまり当事務所はお客様のご希望と建設業許可の要件を勘案し、最適な方法を見つけ出す事を最優先いたします。 決して建設業許可取得のみを考えて行動いたしませんので、ご安心ください。


建設業許可取得をご検討の方は、こちらをクリックしてください。

建設業許可に関する相談・手続の【料金】はこちらへ。

建設業許可に関する相談・手続の【お申し込み】はこちらへ。



建設業許可取得はなぜ難しい?


 実際に許可を取得された方からお話をお聞きになった方は、「建設業許可取得は面倒だった」、「建設業許可取得は難しかった」というお話を聞いた事はありませんか?

 なぜ、建設業許可取得は面倒・難しいと感じるのでしょうか?


 私達許認可手続きのプロである行政書士の目から見ての建設業許可の難しさは、証明・疎明書類の難しさにあると考えています。

 建設業許可の5つの要件をご覧いただければ分かりますが、要件のなかで重要とされる「経営管理責任者」には必ず『経験』が要求されますし、「専任技術者」についても場合により『経験』が要求されます。

 これらの『経験』を証明する書類を入手するのが、実は難しいケースが多いのです。
 なぜなら過去5年、7年、10年など遡って書類を集めなければならないため、契約書などの書面を破棄しているケースもありますし、何より口約束で工事を行い書面はまったくないケースもあります。

 それに仮に証明できそうな書類があったとしても、申請窓口で見てもらう度に足りない書類を指摘され、何度も何度も書類探しと役所へ足を運ぶことを繰り返し、ようやく許可取得に至るケースもあるのです。


 つまり・・・

 建設業に関する法律・実務の状況を理解した上で、個々のケースごとに異なる状況を書面にし、状況ごとに異なる証拠書類を考え、申請窓口にて確認を繰り返す作業を行う事となり、結果的に時間がかかってしまうケースが非常に多いと思われます。

 こういった事から建設業許可は「面倒」・「難しい」と言われるのだと考えています。


 では、どうすれば良いのでしょうか・・・

 私達行政書士はこういった申請のプロです。 そんなときのために、当事務所のような行政書士事務所が存在するのです。

 当事務所では、どういった書類であれば役所の審査が通る書類であるのかを経験的に知っていますから、お客様の状況をお聞きする事で、お客様の状況に合った証明・疎明書類は何かを検討し提案する事もできます。
 また建設業許可の要件を、お客様の現状で満たしているのか? 満たしていないのであれば、どうすれば満たすことが出来るのか?のコンサルティングを行います。



 当事務所にご依頼していただくことで、最低限の労力で建設業許可取得という利益をご提供する事ができます。(ただし、許可要件を満たせない、証拠書類がない等のケースでは、この限りではありません)

 面倒な手続きなしで建設業許可を取得したい方も、現状で建設業許可取得が可能かどうかお悩みの方も、建設業許可を短時間で取得する必要が出てきた方も、お気軽にご相談ください。


  建設業許可取得と1口に言っても、取得希望の方の状況によって対応策はさまざまです。 当事務所では依頼される方のご希望やお話をじっくりお聞きした上で、現状などさまざまなケースに対応して最適な手段での建設業許可取得への道を提案いたします。
 つまり当事務所はお客様のご希望と建設業許可の要件を勘案し、最適な方法を見つけ出す事を最優先いたします。 決して建設業許可取得のみを考えて行動いたしませんので、ご安心ください。


建設業許可取得をご検討の方は、こちらをクリックしてください。

建設業許可に関する相談・手続の【料金】はこちらへ。

建設業許可に関する相談・手続の【お申し込み】はこちらへ。


▲このページの先頭へ



サイト新着・更新等情報


H25/7/1 本年も昨年に続き奈良県庁でサマータイムが導入されました。 許認可申請等の時間帯にご注意ください。

H25/5/28 奈良県の平成26・27年度建設工事(県内本店)の格付け基準が発表されました。

H24/7/20 奈良県庁で節電対策のため、明日から8月27日までの間、土曜日が開庁し、月曜日が閉庁となります。 許認可申請等の時間帯にご注意ください。

H24/7/6 奈良県での書類提出先のページを追加しました。

H24/7/6 建設業者の義務のページを追加しました。

H24/7/3 当事務所取り扱い業務リンクページを追加しました。

H24/7/2 奈良県庁でサマータイムが導入されました。 許認可申請等の時間帯にご注意ください。

H24/7/1 経審制度が改正されました。 必要な場合は再審査申請を行ってください。


▲このページの先頭へ